武蔵野徳洲会病院

  • 患者様・利用者優先042-465-0700

     

  • 外来予約の患者様 042-429-3080

    (平日14時~17時 ※翌日以降の予約)

メニュー

診療科・部門案内 section

診療科・部門案内

リハビリテーション科

リハビリテーション科について

徳洲会理念「生命を安心して預けられる病院」「健康と生活を守る病院」
当院理念「かかり付け病院」

掲げている目標を実践出来るよう当科は開院から、医療安全に注力して安全な医療提供を基本として、開院からリハビリ中の重大事故に至る事なく提供を続けています。
安全に入院後に普段の生活に戻る事を目指して、施術後に早期よりリハビリテーション介入を行っております。

多くの療法士の働く喜びは地域に暮らす方々が早くもとの生活に戻り、笑顔や喜びを取り戻す事にあります。
病気や怪我をして辛い時期を病院で過ごす事になりますが、一日でも早くに生活を取り戻せるよう、親切・丁寧にリハビリの提供をさせて頂きたいと考え精進しています。

入院診療

手術後や病気にかかったばかりの時は誰しも身体が弱り合併症の発生が高くなります。脆弱な状態でも近年では早期にリハビリテーション介入する事で合併症発生率低下、生活能力低下を予防しうる事が明確になってきています。

脆弱な状態=身体への負担が大きくリスクの高い状態ですので、安全に以下に適度なリハビリテーションを提供していくかが急性期病院では求められます。

その為、普段から小さい事でも大きな事に繋がる予兆をインシデントレポートとして報告して軽微なうちに問題を解決できるよう開院から改善を重ねる事を継続してきました。

外来診療

理学療法では入院後の支援が主になっており、当院での骨折手術後、心筋梗塞など心臓カテーテル治療後に自宅に戻られた方を外来でサポートして、自宅生活に戻ったあともより良く暮らせるように行っています。

また作業療法・言語聴覚療法においては、通学している児童の学習障害、小児発達障害、小児構音障害について小児科医師と協力して、親御さんと一緒にどのように子供が学校生活や社会に適応していけるかに取り組んでおります。

閉じる