武蔵野徳洲会病院

  • お問い合わせ042-465-0700

    代表 / 24時間対応

  • 外来診療予約 042-429-3080

    予約受付 / 平日14時~17時 ※翌日以降の予約

メニュー

診療科・部門案内 section

診療科・部門案内

乳腺外科

乳癌について

日本の最新がん統計において、女性のがん罹患率1位は乳癌です(2019年全国がん登録罹患データより)。女性のおよそ9人に1人が罹患するとされており、特に40歳以上の女性では常に意識するべき疾患です。ただし、ステージ0-1の早期乳癌は適切な治療を行えば5年生存率99.8%以上とされており、早期発見が非常に重要であることもわかります。

診療内容

当院では、乳癌をはじめとした乳腺疾患の診療(検診、診断、手術、薬物療法)を行います。
また、乳腺炎、乳房痛、乳頭分泌など乳房に関連した症状やお悩みについても承っておりますので、お気軽にご相談ください。

検診

主にマンモグラフィや超音波検査を用いて、無症状からの病変の同定を行います。

診断

画像上認められる病変に対し、針生検をはじめとした組織検査を行い病理診断を確定します。

手術

乳癌に対しては、患者様の状況、ご希望を考慮しつつ乳房温存術、乳房切除術など手術方針を決定します。同時に乳腺の領域リンパ節について、ステージに応じてセンチネルリンパ節生検もしくは腋窩郭清を行います。
線維腺腫、葉状腫瘍などの良性病変に対しては、必要に応じて腫瘤摘出術を行います。

薬物療法

乳癌のステージ、サブタイプに応じて薬物を選択し、術前・術後や転移・再発に対し化学療法、内分泌療法などを行います。
※放射線治療については、近隣の治療可能な医療施設をご紹介いたします。

医師紹介

  • 小嶌 智美(コジマ トモミ)

乳房についてのお悩みは、お気軽にご相談ください。

閉じる