武蔵野徳洲会病院

  • 患者様・利用者優先042-465-0700

     

  • 外来予約の患者様 042-429-3080

    (平日14時~17時 ※翌日以降の予約)

メニュー

診療科・部門案内 section

診療科・部門案内

麻酔科

はじめに

当院は、日本麻酔科学会が認定する麻酔科認定病院です。日本麻酔科学会認定医以上の資格をもつ3名の麻酔科医が担当し、手術室スタッフと共に患者さんにとって安全な手術環境を提供できるようにしています。

麻酔とは?

多くの手術では、痛みと大きなストレスを伴います。痛みとストレスは、手術後の回復にも大きな影響を与えることがあります。そこで、痛みを感じなくさせ、ストレスから患者さんを守ることが麻酔の役割です。

麻酔は、手術が安全に行えるように、手術中の患者さんの全身状態を日常通りに維持することが最大の目的とした医療行為です。

診療内容

手術前の診察、検査により患者さんの全身状態を把握し、安全に手術が受けられるように準備計画をします。手術中は呼吸・循環・麻酔状態などの全身状態を常に確認し、手術による侵襲から患者さんの体を守るための全身管理を行っています。

麻酔方法としては、全身麻酔・神経ブロック・硬膜外麻酔・脊髄くも膜下麻酔などがあります。患者さんの状態を総合的に判断して麻酔方法を決定します。また、手術後はできるだけ痛みを軽減できるよう疼痛管理を行っています。

近年、薬・麻酔器具・全身監視装置や麻酔技術の発展により、より安全に麻酔をかけることができるようになりました。また、ご高齢の方や重篤な合併症を持つ患者さんの麻酔も可能になりました。患者さんが安心して手術室にきていただけるように、安全で質の高い麻酔を提供できるよう、主治医・手術室スタッフと協力して行っています。

麻酔方法

全身麻酔
全身麻酔薬が脳に作用し、意識がなくなり、痛みをおさえ、動かない状態になります。ガスの麻酔薬を吸い込む方法と、点滴から麻酔薬を入れる方法があります。
神経ブロック
超音波装置(エコー)を用いて、神経のまわりに局所麻酔薬を注入して痛みをとります。
硬膜外麻酔
脊髄を包む硬膜という膜があり、この硬膜の外側にあるスペースを硬膜外腔といいます。この硬膜外腔に背中からカテ―テルという細い管をいれます。カテーテルから局所麻酔薬や麻薬などの鎮痛薬を注入し、痛みを軽減させます。手術中のみならず手術後の鎮痛方法としても用いられます。
脊髄くも膜下麻酔
一般的に下半身麻酔とも言われます。脊髄液が満たされている場所に、腰から局所麻酔薬を注入し、痛みを感じなくさせます。この麻酔が効いている間は、感覚が無くなり、足が動かせなくなります。

(詳しい流れや麻酔に伴う合併症については、日本麻酔科学会HP内の『麻酔を受けられる方へ』 http://anesth.or.jp/users/common もご参照ください)

医師紹介

大野 謙介
  • 主任部長
  • 大野 謙介
役職 主任部長
専門分野 臨床麻酔、神経ブロック、日帰り麻酔
資格・専門医 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会指導医・専門医
医療安全管理者
出身大学 信州大学卒
  • 松本 布紀子
専門分野 臨床麻酔
資格・専門医 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会指導医・専門医
がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会修了
出身大学 日本大学卒
  • 鈴木 沙織
専門分野 臨床麻酔
資格・専門医 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会認定医
日本医師会認定産業医
出身大学 山口大学卒
閉じる