武蔵野徳洲会病院

  • 患者様・利用者優先042-465-0700

     

  • 外来予約の患者様 042-429-3080

    (平日14時~17時 ※翌日以降の予約)

メニュー

診療科・部門案内 section

診療科・部門案内

救急科

診療内容

当院は東京都指定二次救急医療機関であり、『断らない救急』を目標に運営しています。
また救急車で搬送される患者様だけではなく、自力で来院された患者様の受診にも対応しています。

救急外来(ER)には3名のベテランの救急科専門医(内1名は指導医)が勤務しております。多くの2次救急病院では、各診療科の医師が順番に救急業務を回しており、当院のように救急専従の医師が常駐することは珍しいことです。救急科専門医は日本全体でもまだ5,000人に満たない数です。E Rでは診療科にかかわらず診療することができ、急性疾患(痛い、苦しいなど)や外傷(ケガ)について24時間体制で診療し、必要な場合は病院の内外にかかわらず、適切な専門の診療科に引き継ぐことができます。このように救急科専門医とは、最重症の患者様から、広範囲の領域におよぶ疾患の初期治療を担う医師であり、各診療科の医師とは異なる立場で病院に貢献しています。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が流行している昨今でも、発熱や肺炎の患者様も断ることなく受け入れており、ベッドに空きがあれば入院も可能です。COVID 19の患者様がおられるからといって、その疾患にかかりやすいのではと心配される方もおられますが、全くその必要はありません。COVID 19の患者様は完全に隔離された病室で専従のスタッフによって管理されており、一般の患者様に感染することはまずありません。したがって安心して当院での治療を受けていただけます。

救急医療は医師だけで行えるものではありません。チーム医療という言葉があります。当院ではE Rで勤務にあたる救急対応に習熟した看護師、X線、C T、M R I等の撮影を受け持つ放射線技師、および院内で多くの検査を実施する臨床検査技師が医師と連携して救急診療を支えています。また入院が必要な場合も、ERから入院後に担当する各診療科医師や病棟看護師による受け入れまで円滑に移行できます。

E Rには広い初療室があり、C O V I D−19が疑われる患者様を感染対策用に分離した場所で診療しています。また地震等の大規模災害時には救急科専門医は災害医療の中心的な役割を果たします。当院は東京都災害拠点連携病院にもなっており、広い初療室は災害医療にも十分に対応できます。屋上にはヘリポートを有しており、被災した患者様などのヘリコプターによる搬送や受け入れに対応が可能です。
このように救急医療については病院一丸となって取り組んでおり、できるだけ多くの救急車と救急患者を受け入れるとともに、災害医療にも対応して、地域医療に貢献して参ります。

医師紹介

阪本 敏久
  • 総長
  • 阪本 敏久(サカモト トシヒサ)
役職 総長
専門分野 救急医療一般・外傷
資格・専門医 日本救急医学会認定医・指導医・評議員
日本中毒学会評議員、トキシコロジスト
日本外傷学会専門医
日本臨床救急医学会評議員
出身大学 大阪大学(昭和51年卒)
経歴 大阪大学医学部特殊救急部
米国ワシントン大学外科研究員
緑風会病院院長
防衛医科大学校病院救急部教授
秋月 登
  • 部長
  • 秋月 登(アキヅキ ノボル)
役職 部長
専門分野 救急医療一般、災害医療
資格・専門医 日本救急医学会救急科専門医
日本化学療法学会抗菌化学療法指導医
ICD制度協議会インフェクションコントロールドクター
臨床研修指導医
所属学会 日本内科学会
日本肝臓学会
日本消化器内視鏡学会
日本超音波学会
日本門脈亢進症学会
出身大学 東海大学(平成10年卒)
経歴 東京女子医科大学及び同東医療センター救命救急センター
牛久愛和総合病院救急科
大分市医師会立アルメイダ病院救命救急センター
練馬光が丘病院総合救急診療科
閉じる