武蔵野徳洲会病院

  • 患者様・利用者優先042-465-0700

     

  • 外来予約の患者様 042-429-3080

    (平日14時~17時 ※翌日以降の予約)

メニュー

病院情報 guide

病院情報 guide

院長挨拶

武蔵野徳洲会病院 院長 桶川 隆嗣

武蔵野徳洲会病院 院長

桶川 隆嗣

2021年4月1日より武蔵野徳洲会病院の院長に就任いたしましたので ここに謹んで御報告申し上げます。当院は開院してから6年が経ち、今年7年目を迎えることとなります。病院としてはまだまだ若い病院ですが、前院長である阪本総長と共に、武蔵野徳洲会病院をさらに発展させるためスタッフや地域の先生方、患者さんのご協力のもと努力を惜しまない覚悟です。「生命を安心して預けられる病院」「健康と生活を守る病院」を理念に、地域医療に少しでも貢献できますよう微力ながらも誠心誠意努力してまいりたいと存じます。

新型コロナウィルス感染症は2021年を迎えた今でも収束の兆しはなく、むしろ新たな緊急事態宣言が発出されるほどです。新型コロナウィルス感染症の診断、治療に関しても西東京市並びに西東京市医師会の協力のもと「西東京市発熱外来」、「西東京市医師会PCR検査センター」を開設いたしました。4月以降は「ワクチン接種外来」を設置し、地域へ最大限貢献する所存です。また、入院患者さんやそのご家族には感染防止のため面会制限などでご迷惑やご不便をおかけしており病院としましては少しでも安心していただけるようにタブレット型コンピューターを利用したオンライン面会や家族カンファレンスを始めつつあります。

武蔵野徳洲会病院は、「かかりつけ病院」を標榜しております。「職員自身や家族がかかりたい病院』になれば「患者さんにとっても最もかかりたい病院になる」と確信しており、信頼される「かかりつけ病院」になるよう日夜職員一丸となって努力しております。

今年度より外科系である脳神経外科医師・形成外科医師・泌尿器科医師の増員、さらに婦人科・耳鼻科の医師が常勤することとなりました。当院は低侵襲であるロボット・内視鏡手術を積極的に行い、当院に受診していただいた患者さんが当院で完結できる診療体制を構築してまいります。阪本総長の専門である救急医療は大変ご苦労された中、今では地域で救急搬送の多い病院のひとつとなりました。消防や地域社会から信頼される病院になっている証といえます。救急科医師も増員となり、更なる拡充ができると期待しております。

今後は、さらに医師の増員・施設内の充実(ICU, HCU, 放射線治療)を図り、地域の方にとって、「かかりつけ病院」として皆様に満足していただける病院となるよう尽力してまいります。

院長プロフィール

略歴

1991年
杏林大学医学部医学科卒業
1998年
杏林大学大学院医学研究科卒業
1999年
米国テキサス大学(サウスウェスタンメディカルセンター)泌尿器科-腫瘍学研究員:2年3か月
2001年
杏林大学医学部泌尿器科講師
2004年
杏林大学医学部泌尿器科助教授(准教授)
2014年
杏林大学医学部泌尿器科教授
2021年
武蔵野徳洲会病院院長/杏林大学医学部泌尿器科客員教授

所属学会

  • 日本泌尿器科学会(代議員、保険常任委員)
  • 日本泌尿器内視鏡学会(代議員、外保連手術係)
  • 日本癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本ロボット外科学会
  • 日本排尿機能学会
  • 日本抗加齢医学会 など

指導医・専門医・認定医、その他の資格等

  • 日本泌尿器科学会:専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医
  • 泌尿器腹腔鏡技術認定医
  • 日本内視鏡外科学会技術認定医
  • 泌尿器ロボット支援手術プロクター認定医(膀胱、腎、前立腺)

受賞歴

2007年
第45回日本癌治療学会総会:優秀演題賞
2008年
第46回日本癌治療学会総会:優秀演題賞
2009年
第47回日本癌治療学会総会:最優秀演題賞
2011年
第49回日本癌治療学会総会:優秀演題賞
2015年
第53回日本癌治療学会総会:優秀演題賞
2019年
第57回日本癌治療学会総会:優秀演題賞

特許

  • 特願2020-003386(2020年1月14日):癌被験体の予後を予測する方法
  • 特願2020-003357(2020年1月14日):上皮系マーカー陰性の腫瘍細胞を検出する方法
  • 特願2020-089084(2020年5月21日):同発明・優先権出願
  • 特願2020-040654(2020年3月10日):腫瘍細胞マーカー、および腫瘍細胞を検出または回収する方法
閉じる