ホーム > セカンドオピニオン

セカンドオピニオン

セカンドピニオンとは

セカンドオピニオンとは、直訳すると『第2 の意見』で、『診断や治療方針について、現在の自分の担当医以外の医師の意見を聞き今後の治療方法等の参考にすること』をいいます。当院では 患者さんが当院以外の医師の意見を求められる際には、当院での診療上のデータを積極的に提供いたします。また、院外の患者さんからのご要望に対して当院医師によるセカンドオピニオン提供も行っております。

セカンドオピニオンを受けるには

セカンドオピニオンを受けるということは、現在の担当医との信頼関係を崩すことにはなりません。治療を受けるのは患者様自身ですから、どういった治療を受けるにせよ、患者様自身がその治療を十分理解し、納得して治療を受けることが大切です。現在セカンドオピニオンを受けることは普通の習慣になっていますので、受けたいという意思があるとしたら、きちんと担当医に伝えましょう。
また、セカンドオピニオンでは、必要な資料として、担当医からの診療情報提供書(紹介状)や検査の資料が必要になります。診療情報提供書には、患者様の病気の経過や診断、現在までの治療、現在の病気の状態などに関することが要約して書いてありますので、通常カルテは不要です。

申し込み方法

お手元に紹介状と必要な資料の準備ができた段階で当病院(下部参照)へご連絡ください。
ご相談の内容をお聞きした上で日程を調整し、ご連絡させていただきます。

セカンドオピニオンをお受けできない場合

  1. 現在の主治医からの診療情報等の提供がない場合
  2. 患者さんご本人以外の方で、患者さん本人からの委任状をご持参頂けない場合
  3. ご相談の内容が当院医師の専門外の場合
  4. 医療事故、訴訟に関する相談
  5. 死亡した患者さんを対象とする相談
  6. 過去の診療に関する相談
  7. 主治医に対する不満等

セカンドオピニオンに関するお問い合わせ先

武蔵野徳洲会病院
042-465-0700 月曜日~金曜日9:30~17:00

セカンドオピニオン

SECOND OPINION

近隣施設・関連サイトのご案内