ホーム > 新着情報一覧

消化器内科医師募集について

2020.01.30

当院では卒後10年ぐらいまでの若手消化器内科医師を募集しております。

  • ・これから内視鏡を学びたい先生
  • ・ESD、ERCP、EUS、PTGBD等の手技を取得したい先生

など歓迎いたします。
 

 

当院の消化器内科の特徴

 

  • 最寄駅は武蔵境、田無。都内至近、通勤便利
  • 消化器内視鏡専門医、消化器病専門医が取得可能
  • 症例豊富(年間の内視鏡件数は約4000件。現在、常勤医2名で担当)
  • ESD、ERCP、EUS、PTGBD等の経皮的処置まで幅広く取得可能
  • 当直無しの勤務が可能
  • 給料は徳洲会給与規定に準じるが、相場相応

話を聞いてみたい、見学してみたい等、ご興味を持たれた先生は、
下記メールアドレスまでご連絡ください。
 

消化器内科部長 吉本泰治:jyfrk268@yahoo.co.jp
 

 

目的

 

消化器病全般(消化管、肝、胆、膵)の診断、治療、管理を身につける。
医師としての適切な言動や、協調性を身につける。
 

 

研修内容と到達目標

 

【1年目】

  • 患者、家族へのインフォームドコンセントができる。
  • 消化器病全般にわたる病態の成り立ちや、画像検査、内視鏡検査の適応や、結果の理解ができる。
  • 症例のプレゼンテーションの仕方を学び、研究会や学会での発表ができる。
  • 指導医の監督下で腹部エコー、上下部消化管内視鏡検査をする。
  • 胃管やイレウス管の挿入ができる。
  • 腹腔穿刺、腹水ドレナージができる。
  • 中心静脈カテーテル留置や胸腔穿刺、胸腔ドレナージができる。
  • 胃瘻造設ができる。
  • PTGBD、ERCP、ESDの介助ができる。

 

【2年目】

  • 内視鏡止血、ポリペク、EMR、EVL、PTGBDができる。
  • 指導医の監督下でERCP、ESDを施行する。
  • 指導医の監督下でEUSを施行する。

 

【3年目】

  • ERCP、ESDができる。
  • EUS-FNAができる。
  • 消化管、胆道のメタリックステント留置ができる。
  • 肝生検、ETSができる。RFA、TACEに関しては徳洲会グループ内での研修が可能。
  • Interventional Eus、小腸内視鏡の介助ができる。

 

 

研修スケジュール

 

毎朝8時30分~病棟回診。
毎朝9時、内視鏡室に集合。業務確認、担当業務開始。
 

消化器内科外来を2回/週行う。
入院患者をチームの一員として担当する。

時間帯
AM 内視鏡 消化器内科外来 内視鏡 内視鏡 内視鏡 研究日
PM 内視鏡 内視鏡 内視鏡 消化器内科外来 内視鏡

新着情報

NEWS

近隣施設・関連サイトのご案内