ホーム > 診療科・部門紹介 > 小児外科

小児外科

診療内容

小児外科ってどんな科?とお思いの方は多いでしょう。
どこの病院にでもある科ではないので無理もありません。小児外科は15歳までの子どもの消化器外科および一般外科です。従って子どもの脳神経外科、心臓血管外科、整形外科は含まれません。
しかし当科では子供の呼吸器外科、泌尿器科、婦人科など他の診療科との境界領域の疾患も診察致します。

主な対象疾患

主な対象疾患には先天性のものが多く、手術は鼠径ヘルニア、陰嚢水腫、停留精巣など鼠径部疾患が約半数を占めます。
その他、外来で多い疾患は臍ヘルニア(出べそ)、移動精巣、肛門周囲膿瘍(肛門のおでき)、裂肛(切れ痔)、包茎、舌小帯短縮症、上唇小帯短縮症などです。
また腹痛、嘔吐、下痢、血便、便秘など内科的な消化器疾患も小児科医師と一緒に診療しております。

症状と治療について

その他

小児科の一般診療も併任で行っております。

手術について

手術をご希望の方は、小児科外来受付にて予約が必要となります。

医師紹介

部長 伊藤 泰雄(いとう やすお)

経歴
慶應義塾大学 昭和43年卒業
専門分野
小児外科
略歴(職歴)
慶應義塾大学小児外科
ハーバード大学・
マサチューセッツ総合病院小児外科研究員
杏林大学医学部第1外科臨床教授
杏林大学医学部小児外科教授・名誉教授
国際医療福祉大学熱海病院小児外科教授
所属学会等
日本小児外科学会専門医・指導医
日本外科学会専門医・指導医
厚生労働省認定臨床研修指導医

診療科・部門紹介

DEPARTMENT

近隣施設・関連サイトのご案内