ホーム > 病院のご案内 > NCD事業参加について

NCD事業参加について

このたび日本外科学会を基盤とする外科系の学会が共同して、日本全国における外科手術症例のデータベース化事業が行われることになりました。これに伴い、独立した機関として一般社団法人National Clinical Database(以下NCD)が設立され、今後は日本におけるほとんどの外科手術症例に関する情報がNCDに登録されることになります。登録されたデータは、国内の医療現状を把握し患者様により適切な医療を提供するために利用されます。

つきましては、当院外科系の手術をお受けになった患者様方の診療情報(生年月日、性別、 入院日、疾患名、手術名などの治療法など)をNCDに提出させていただくことになります。もちろん、個人情報保護法に基づき個人情報(特に個人名等)が病院外で特定されることのない形で提出されますので、その点はご安心下さい。

なお、参加されたくない場合は、データ登録を拒否することが可能です。
登録を拒否されたことで、日常の診療等において患者様が不利益を被ることは一切ございません。

当院におきましても本登録事業に参加することになりましたので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。

武蔵野徳洲会病院 院長
鈴木洋通

NCDホームページへ

詳細はNCD説明資料をご覧下さい

病院のご案内

ABOUT

近隣施設・関連サイトのご案内